求人がどの地域でもあるメリットを生かした薬剤師の転職

無事転職も引っ越しも終えて

ふとしたことがきっかけで転職無事転職も引っ越しも終えて

住む場所を決めて、これからは少しのんびりとして余裕のある暮らしをしていこうと考えていたので、時間に余裕があるように近隣の職場を探しました。
車生活を送ることになるので単純に距離で探していたところ、あまり数は多くないものの薬局もドラッグストアもあって、順次申し込んでみればいつかは採用してもらえるだろうというのがその地域の実情です。
その中でも魅力的だったのはクリニックが比較的多い地域にある薬局でした。
もともと薬局で調剤を主に行ってきたので、同じようにして働ける可能性が高いと考えたからです。
給料は当時よりもかなり下がることになるというのが求人情報の上ではわかりましたが、以上という書き方がされていたので、もしかしたら自分の経歴なら少しは高くなるかもしれないという期待もありました。
実際に面接を申し込んでみると、すぐに日程が決まりました。
まだ引っ越し前で遠隔地ということもあり、元の仕事の有給を取って面接に行くことになりましたが、既に退職手続きも進めていたので躊躇はありません。
現場に行って面接をしてみると、やはり真っ先に聞かれたのが動機です。
動機はその地域に住みたかったという気持ちに加えて、自分の経歴を生かして人が足りていないところでより社会貢献をしていきたいということを伝えました。
そういう無難な答えを繰り返していくだけで面接も無事に終わり、なんとその場で内定を通知してもらうことができたのです。
すぐに決まってしまったのは意外でしたが、それほどに人が足りていないからなのかという印象も受けました。
そのときに雇用契約についても話をしたところ、給料が求人募集の金額とはまるで違い、当時の年収よりも80万円ほど高かったからです。
すぐに働ける人材の確保が急務になっていたのではないかと感じたのはそれが理由でした。
今は無事転職も引っ越しも終えて働き始めたところですが、すぐに現場に慣れることもできて以前とそれほど変わらない形で調剤を行っています。

薬剤師の転職情報(ファルマスタッフ) / 転職準備室|薬剤師エルの常勤・パートの求人研究会